« 父の日はおまけじゃない!? | トップページ | 福屋的お中元の達人講座~☆ »

2006年6月17日 (土)

~ゲルマン魂に出合う~ in Fukuya

サッカー ワールドカップで盛り上がる ドイツ 

「ドイツ」といえばビール、ベンツやBMWに代表される自動車が有名。ブルース ウィリスやレオナルド ディカプリオもドイツ系だとか。

ゲルマン魂」とも言われるほどに彼らが作り出す一つ一つの商品には熱い魂が込められている・・・。      さて、ドイツブランドって他に何があるかみなさんは頭に浮かんでくるでしょうか?  私も眉間にシワをよせて考えたが意外と出てこない↓↓↓  初ブログにこのネタでは少々不安な船出となったが、さすがドイツ、長い歴史と伝統を受け継いだゲルマン魂が作り出すプライドとこだわりの品々に私は出会えることができた。

----- ゲルマン魂に出合う------  in Fukuya ---------------------

Photo_92 まずは、小ネタから。

今、世界中が注目するサッカー ワールドカップ。 日本代表のユニフォームや公式試合球に使われているメーカー「アディダス」。 このボール、広島と深~~いつながりがあることをご存知でしょうか?実は広島に本社を構える「モルテン」がアディダスのブランド名でつくったものなのである!!! モルテンの優れた技術が生み出したのだ!この地元広島とドイツの結びつき、正直驚いた。

もう一つある。「アディダス」というブランド名、なんと「アディ・ダスラー」氏によってドイツで生まれたのだ。

「アディ・ダスラー」⇒「アディダス」 なるほど・・・。なるほど・・・。ドイツ人、なかなか茶目っ気もあるではないか。弟の「ルドルフ・ダスラー」は「プーマ」を作ったという話は有名な話。すごい兄弟だ!

↑ 広島駅前店9階スポーツシューズ売場で見つけた試合球モデル。

実際のモノはうっすら見える六角形の縫い目の無い造りが話題となっているが、これはより球形をめざした理想のデザインといわれ思わずゲルマン魂を感じてしまった。

Photo_94 八丁堀本店4階婦人肌着売場にも、こだわりのゲルマン魂を発見!

肌触りの良いシルク&コットンと美しいレースが自慢の「メディマ」。 

「日本製とは編み方、刺繍が違います!」と言われ、恥ずかしながら実際にさわってみて一言 

⇒⇒⇒ 「伸びがいい-----!」 

レースの美しさと抜群の伸縮性!このこだわり、まさにゲルマン魂 である。 

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

         Photo_102         Photo_103

                

次は八丁堀本店6階家庭用品売場を覗いてみた。  私、愛用の自慢の一品を紹介☆☆☆

世界有数の家庭用品ブランド「ヘンケルス」 の爪切り!

人間工学に基づいた刃とハンドルのベストバランスが生み出す、その鋭い切れ味は従来の音が「パッチン!」ならば、

ヘンケルスの音は「パッキン!!」 といったところだろうか。

それは例えて言えば、野球のボールがバットの真っ芯に当たったときのような乾いた爽快な音である。 税込1,680円。この音を聞くには決して高くはない!

肩をならべるように、家庭用品の先進国ドイツの「フィスラー」 の圧力鍋だ。

機能性と美しいフォルムを兼ね揃えたこだわりのブランドである。シンプルなデザインに優れた機能性。

これぞ、まさにゲルマン魂!

Photo_97 次は八丁堀本店2階婦人靴売場 ドイツ製ウォーキングシューズ「ストロバー」。 

以前、私は靴売場を担当しており、シューフィッターとしてこの靴の良さをご紹介。

人間の足裏は心臓から一番遠いため、疲れると足の血行は悪くなり、むくみの原因になりやすいのだが、ストロバーの良さは、インソールとよばれる靴底の形。

ドイツの人間工学によって足裏にかかる重心を理想の状態に保つようにコルクのインソールが、

    「グイッ!!」 と足裏を持ち上げてくれるような感じで、実に気持ちいい。

趾骨、中足骨、足根骨 両足で50本以上もある足の骨をゲルマン魂が、ガッチリとサポートしてくれるストロバーシューズ。  長時間の立ち仕事やウォーキングにオススメ。

Photo_98

ああああああああああああああああああああああああああああああ

そして、ただいま八丁堀本店7階催場で6月20日(火)まで開催中の

「マイセン展」 この伝統のブランド「マイセン」はヨーロッパの王侯貴族をはじめ、世界中の人々を魅了し続けて約300年。

創業以来受け継がれている手描きの伝統と独自の芸術性は、まさにヨーロッパ文化の象徴ともいえる!写真の品は1865年に作られたものの復刻版。非常に珍しい限定品。

この機会に是非ご来場ください。

くわしくはこちらへ ⇒⇒⇒  http://www.fukuya-dept.co.jp/chirashi/index.html

八丁堀本店3階婦人服売場 「エスカーダ」 

5号から19号サイズまでの品揃えに、ピンクやオレンジの鮮やかな色合い、そして自慢は世界一と言われる素材の良さ!  値段を聞いて思わず納得した。

福屋で出会った数々の「ゲルマン魂」 そこにはイタリアやフランスのブランドとは、また一味違った、品質へのこだわり、顧客満足に注がれた魂とプライドがあった。

素材の良さ、つくりの良さ、使いやすさ、人にやさしいその品々、誇り高きゲルマン民族の伝統は、こうしたカタチで今に受け継がれている。

■ サッカーボール 税込5,775円 広島駅前店9階スポーツシューズ売場   ■ 肌着 税込15,225円 八丁堀本店4階婦人肌着売場    ■ つめ切り 税込1,680円 圧力鍋 税込 33,600円 八丁堀本店6階家庭用品売場   ■ サンダル 税込29,400円 八丁堀本店2階婦人靴売場   ■ マイセン 税込5,250,000円 八丁堀本店7階催場  

Hukkun_mini_3 以上、担当は福永でした。

« 父の日はおまけじゃない!? | トップページ | 福屋的お中元の達人講座~☆ »

ファッション」カテゴリの記事